6年目


先日動物取扱業の更新をして来ました。





嬉しい事、つらかった事、失敗なんかも色々あったけど、もう5年もたってたのか、あっという間だったなぁ、と言うのが正直なところ。

独立当初はどうなる事かと不安ばかりでしたが、ありがたい事にたくさんの人達に助けてもらいながらぼちぼちやれてます。








そんな中で、独立一年目からレッスンしていたミニチュアシュナウザーのココ(12歳)が3月の北関東ブロックで競技会を引退しました。




競技会の為のトレーニング、って事で言うと独立後初めての新規生徒さん。(詳しく言うとココとファビ。)



それまで訓練所でやる犬達は最初から上を向いて歩けるように訓練していたし、お客さんが自分で引くコ達もだいたいそんな感じでやれてました。

ただ、ココはそうではない状態で、「あれ?上向かせるのってこんなに大変なんだっけ??あれ???どうしよう…」ってかなり焦りました。
軽いカルチャーショックのような^^;



ただ上を向いて歩かせる事なのに全然良くならない。

飼い主さんに今までと違う方法で犬に伝えてもらうもらう。
それを犬がきちんと理解する。
それがこんなに難しいなんて…。

犬へのアプローチの方法、飼い主さんへの伝え方、本当に当時の自分下手くそだったと思います。







注意する事も褒める事も犬が分かりやすいように極々シンプルな方法で伝える。



飼い主さんにもただこちらの意見を言うのではなくて、しっかり理解、納得してもらえるように伝える。







本当にそこを自分自身がすごい考えるようになりました。

もちろん今までも考えていたつもりだったけど、それじゃ出来る犬しか出来ないんだ、出来ない犬達が普通。その子達を出来るようにもっていけなきゃ全然意味ないじゃん…と気付かされました。(あ、もちろんココがダメ犬って事では全くないですよ!…念の為たらーっ)

訓練所であんなに教えてもらったのに、自分の中では出来る犬用の引き出ししか準備してなかったんだなぁ、と。



だから本当にココには成長させてもらいました。

最初がココで良かった。

じゃなかったら今の自分はなかったかも。
レッスンの度に自分の勉強でもありました。


それに、ココ自身も大変な事たくさん乗り越えてくれてすごい頑張ってくれました!

表彰台にも上ってくれました。



本当にお疲れ様でした。



あとはこれからもっともっと長生きしてね。





こう振り返ると5年って意外と長いなぁ…。
ほんとにお世話になった方々、支えてくれている人達に感謝です。

また5年後、次の更新の時はどうなってるんだろう。
けどそうなると子供二人とも小学生か…全く想像出来ない冷や汗







DOG SCHOOL-B.P 【ドッグスクールビーピー】
 


S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM